セリ権利保有

弊社は愛知県西尾市東幡豆漁業協同組合、愛知県蒲郡市蒲郡漁業協同組合の2漁港のセリ権(買参権)を保有しております鮮魚のセリとは、水揚げされたばかりの(値段の決まっていない)海産物を、買参権保有者達が買いたい値段を提示し一番高値をつけた業者が買いおとす競売取引のことです
鮮魚の値段を決めるということであり、鮮魚が初めて市場に出回る瞬間です。
セリ権(買参権)を保有しているということは、市場価格が決定する瞬間に立会い、競売で勝てばそれを希望価格で買える事を意味しています鮮魚が初めて市場に出回るタイミングのため、中間業者を挟む事なく、その鮮魚の一番最初の値段(最安値)で仕入れる事ができるのが我々のような(買参権保有業者)です。
価値のある、高品質な鮮魚を弊社は最安値で仕入れる事ができます。
セリ権(買参権)は、お金を払えば買えるものではありません 漁港それぞれに組合が存在し、歴史があり、ルールがあります。
歴史あるさかな屋だからこそ、セリ権(買参権)を持ち続けられるのです弊社の一番の強みです

確かな目利き

鮮魚を仕入れる上で一番大切なことは「目利き」です鮮度を瞬時に見極める「技術」です。
また、セリ場では限られた時間でどんどん鮮魚が取引されています重さや量も明記されてない場合がほとんどです。

「目瞬時に希望価格を決める必要もあります。
鮮度、重さや量を全て「目」でみて良否を見極める技術は戦後四代、父から息子へ途絶える事なく受け継がれてきました。お客様のご注文に対して、最高の魚を仕入れるため、最良な選択を我々がセリ場で行なっております。

加工技術

水揚げされた直後から鮮魚は劣化していきます。
弊社では鮮度を落とさない施しを魚種や鮮魚の状態に合わせて行なっております活きたまま締める「活き締め」や「神経締め」、「血抜き」「氷締め」など魚にストレスを与えずに、きちんと下処理をする事で鮮度を落とす事なくお客様の元へお届けしますそのような施しはスピード勝負のため、セリ場にいる弊社のような仲買業者がいかに気を使い魚を扱うかで鮮度の良し悪しが変わります弊社はセリ落とした後の鮮魚の取り扱いを大切にしています。

また、鮮魚の鱗や内臓、3枚卸し、皮引き、真空パック包装等の下処理技術も兼ね備えております魚を丸のまま横流しでお売りするだけでなく、お客様のご要望にお応えして、必要な下処理も承っております。
昔は魚を丸のまま納めさせて頂いてきたお客様でも、厨房内で鱗や内臓処理に人件費を回せない、設備を縮小した、整っていないなど、様々なお悩みをお聞きしております。
昨今の厨房環境の変化にも柔軟に対応いたしますので、お気軽にご相談ください。

弊社の3つの想い

地元で水揚げされた魚を地元の方に食べて頂きたい!(地産地消)

地元漁港のセリ権を保有し、名古屋まで運んでいる弊社だからこそできる事です 魚を一番美味しいタイミングで食べられるのは地元の方です。
愛知県の美味しい海産物を食べて、愛知県の素晴らしさをもっと感じてもらいたい! そうなる事でたくさんの方の関心が生まれ、それが水産業界の発展へ、漁師さんの減少対策に貢献しています。

新鮮で、安心安全な魚をお届けしたい!(国産天然魚の価値)

弊社がセリで仕入れる鮮魚は全て「水揚げされたばかり」の「天然魚(モノ)」 天然の魚は自らでエサをとり自由に海を生きています 余分なモノは蓄えず、生きるためにその力を開花させてきました 人間に食べられるためにつくられたモノとは身も食感も、成り立ちも全く違います 自然の恵みそのものなのです。
食に溢れた現代で豊かになった幸せと引き換えに、「食の安全性」が危ぶまれています 天然魚の持つ、魚本来の成り立ち、美味しさこそ、我々日本人が古来食べてきたもの。
輸入のものや養殖魚のように「一年中食べられる」安定的な供給は天然魚では難しいですが だから「旬」というものがあるのです。
旬の魚は、その時期に一番私たちが必要としている栄養価を持っているだから「美味しい」と感じるのです 弊社は「国産天然魚」を一番に考え、その価値と共にお届けする使命があると自負しています。

魚屋が直接食卓に美味しい魚をお届けし、魚離れに歯止めをかけたい!(明るい未来への貢献)

昔は、魚は魚屋で。肉は肉屋で。野菜は八百屋で。と、買い物は当たり前のように「専門店」で買っていました 今では、大型スーパーができ、一つのお店で全てが揃う便利な時代。その便利さと引き換えに、専門店が廃業を余儀なくなれたのも事実です。
魚は魚屋が一番よく知っている。美味しい食べ方、誰が触ったのか、お客様との深いコミュニティー。。
売り手の顔を見て買い、調理法を気軽に相談できて、接客されて買っていた時代。。。 きっとその時代では一週間の間に何度も「魚料理」が並んだはずです。
専門店の存在は、ご家庭が「食素材」に関心を持つための重要な役割を担っていたんだ!と 魚離れの現実に直面してから、分かったことではないでしょうか。

創業当時(戦後)では想像もできないほど時代は目まぐるしく変化しており、まさか「魚を魚屋で買う時代は終わる」なんてことが起きてしまうのでは。。。 と懸念されるほど、魚屋さんがなくなってきています。
弊社は5年前まで(飲食店)(天ぷら専門店)(ホテル)(旅館)など業者様への卸業を中心に営んで参りましたが 昨今の魚離れ、鮮魚店廃業の現実を目の当たりし「魚屋が直接ご家庭に魚をお届けする」という 魚屋×ご家庭を繋ぐ「インターネット販売事業」を開設いたしました。
これまで業者向け商品しかなかった弊社も、今ではご家庭向けの商品ラインナップが100品目以上 インターネット販売においては直接お会いして接客する事は出来なくても、どんな魚を、誰が、どんな想いでつくったのか、どう調理したら美味しいかetc… そういう大切な想いはしっかり伝わるようにしています。
また、専門資格を取得し「食育講座」を開設し、「食べることの大切さ・楽しさ」「魚の美味しさ」等を 伝える活動もしております。

明るい未来は、健康な身体がなければ叶いません私たち人間の身体は「食ベるもので出来ている」健康な食生活に「魚」は不可欠です。
弊社の魚が明るい未来への貢献に繋がるよう願っています。