第26回 おさかなの旬についてー冬ー

離乳食インストラクター協会ニュース記事

第26回

おさかなの旬について
ー冬ー

↓ぜひ参考にしてみてくださいね↓
記事はこちらから↓でもご覧頂けます

a9536dcf50d9739a62309db399dab6f0_s.jpg

2017年4月から9月まで
毎週水曜日
離乳食インストラクター協会ブログにて更新中!
↓協会ブログはこちら↓

離乳食インストラクター【HP】長方形PNG.png

こんにちは。離乳食インストラクターでさかな屋の嫁、神田ひかりです。
春、夏、秋とおさかなの旬を記事にしてきたので、季節は少し早いですが
今日は「冬」が旬のおさかなについてお話します。

●旬のおさかなはなぜ美味しいの?
旬のおさかなは一般的に産卵期前と言われています。
産卵期前になると活発的に餌をとり栄養を蓄え脂がのってきます。
同時に旨味成分などのアミノ酸も増加するのでの「旬のおさかなは美味しい!」と言われています。

●代表的な冬のおさかな

3bf1eaede4ede332e21a0077ddace5c9_s.jpg

美味しさの基準も個人に差があり、日本列島は縦に長く温度差がありおさかなの産卵期も各地域によって違う事。
また海の環境によっても水揚げの増減があるため、「全国共通のおさかなの旬」をお伝えするのは難しいですが、一般的な冬の代名詞をお伝えします。

冬のおさかなと言えば、「ヒラメ」「キンメダイ」「アマダイ」「タラ」「銀タラ」「フグ」などの白身魚。
「マグロ」も年中食べられますが冬が旬です。
年末のおせち料理と合わせて「ブリ」は私たち日本人が大好きな冬の代名詞ですね。
甲殻類では「ズワイカニ」「ワタリガニ」、貝類では「カキ」が有名です。



●冬のおさかなの栄養素
冬のおさかなは、寒い時期に耐えるように脂がのっていて栄養価が高いです。
特に「銀タラ」です。同じ白身魚ではありますが「タラ」と「銀タラ」は全く別の魚種で、淡白な「タラ」に対して「銀タラ」は脂がのっていてEPA,DHAなどの不飽和脂肪酸も多く、ウィルスの侵入や風邪の予防に効くビタミンAが鰻に次いで魚類トップクラスです!
冬の風邪気味な時に食べると元気がでます。食べ過ぎなければ健康的なおさかなです。


●離乳食で冬のおさかな

8ca4e4341cb48e8e8524eb4f3f8a18cf_s.jpg

離乳食で使える冬のおさかなは、
初期「ヒラメ」「キンメダイ」「アマダイ」など。
中期「マグロ」、後期「タラ」、完了期「ブリ」「銀タラ」などです。
白身魚ですが「タラ」はアレルギーの心配がるので後期以降。
「ブリ」や「銀タラ」は脂肪が多いので完了期以降が望ましいです。
「甲殻類」や「貝類」などは、アレルギーの心配もありますのであえて離乳食期に与えなくてもいいかなと思います。
幼児期以降少しづつ与えてあげて下さい。

●まとめ●
・旬のおさかなは産卵期前で栄養を蓄えているから美味しい
・冬のおさかなは寒さに耐えるため脂がのっているものが多い
・同じ白身魚でも脂質の量やアレルギーの心配があるものは、与える時期を遅らせる

上記3点を参考に、是非ご家庭でも冬のおさかなを取り入れてみてくださいね。

(おさかなの旬についての記事)
●おさかなの旬について-春-●
http://www.kanekakanda.com/diary/2017/04/4--.html

●おさかなの旬について-夏-●
http://www.kanekakanda.com/diary/2017/07/15.html

●おさかなの旬について-秋-●
http://www.kanekakanda.com/diary/2017/09/25.html