(レポート12)岡崎ママユメさかなの捌き方

mt-20161120134145.jpg 先週の日曜日にはママユメ主催シークレット講座3回目 「包丁の研ぎ方、さかなの捌き方」でした。来年からはいよいよ「シークレット」ではなく一般公開します!ただし、離乳食講座を受講してくださった方には「特別価格」にてご案内できます♡みっちり3時間半、ランチ付きです♡ 日曜日開催ということで、ご家族そろってご夫婦で参加される方も多いですね!

p1130656 私も主人、息子、義母について来てもらって講座しています♪家族の支えがなければできない活動です! さかなを捌く、、、その上で重要なものは「道具(包丁)」であると私は考えています。しかも「ちゃんと切れる包丁」です。理由は座学で学びますよ♪刃物の種類や、重要性、危険性、関わり方など。旦那さまも一緒に真剣に学んで下さりました。 p1130661 p1130665 まずは、自分の包丁が「切れる包丁」なのか「切れない包丁なのか」。簡単にチェックする方法をお伝えします!そして砥石を使ってしっかり研げるように練習します! p1130674 p1130679 p1130682 p1130689 しっかり研いで「切れる包丁」になったらいよいよ「あじの3枚おろし」 その前に私が製作した「あじの3枚おろし」15分動画をみて予習して頂きます!

この15分動画は講座を受講してくださった方のみがご視聴いただけるyoutube動画で「限定公開」設定にしてあります。当日のみならず、お配りするテキストには帰宅後も復習できるように動画へのアクセスQRコードが添付してあります。

p1130697 1匹のアジを捌くのに15分の動画って(笑)それぐらい丁寧にレクチャーした動画になっている。ということです^ - ^ 動画を見て予習後は、さらに私が動画と同じ進め方でデモンストレーションをします。生で見て「さかなを捌く」イメージをさらに膨らませます! p1130700 みなさん真剣!私も真剣(笑)p1130702 ママがんばれー!p1130704 p1130708p1130709 初めてさかなを捌いた方でも、どうしようもないほどグチャグチャ。。。にはなりません。なぜなら、まず皆さんの包丁を「切れる包丁」にしたからです! そしていきなり実践するのではなく、頭で「さかなを捌くイメージ」を浮かべながら捌くから大きな失敗は起こしにくいんです!「ここに骨があって、ここで骨の角度が変わっているから。。。」など、失敗しやすいポイントに必ず理由がある事を知ってもらうことで力任せに捌くことがなくなります!

私にとって「さかなの捌き方を教える」という事は、、

  1. 「なぜ失敗するのか」その原因をお伝えすること
  2. 実践からではなく、頭から。「捌くイメージ」を持ってもらうこと
  3. 初めての方でも失敗しにくい「方法や道具」を追求しお伝えすることp1130657p1130691p1130706捌いたアジはその場ですぐにフライにして食べて頂きます!私の自慢、「自家製タルタルソース」「天然だしの豚汁」もこしらえました。アジは受講者に対して1匹ですが、ご飯や味噌汁はご家族の分まで用意してますのでみんなでワイワイ楽しいランチタイムになります! p1130599

最終的に「ご家庭の食卓に新鮮なさかなが並んでほしい!」 さかなが捌ければ「新鮮なさかな」を手にとり、購入したい!という気持ちになれます。お土産は、アジ1匹(笑)です。家に帰ってもう一度練習してみてね!という想いを込めて! 実はこれが重要なんです。習ってすぐに、一回でもいいので「ひとりでやってみる」「復習する」。これがさらに上手になるポイントなんですね! さっそく「復習したよ」写メと感想が届いて嬉しい♡


千明さん♡→毎回楽しくいろいろな発見があって離乳食講座も大変為になりました。息子はおさかな離乳食で習った「アジのおやき」が大好きです!是非新しくお魚料理教室も開いて頂きたいです♡お土産のアジをさっそく捌いて晩御飯で頂きました。講座の時よりも早く綺麗にできたかな。もっとお魚捌きたくなりました!fullsizeoutput_2e48 裕恵さん♡→とっても勉強になりました。帰りに片刃の出刃包丁を買いに行きました(笑)それでいただいたアジをおろしてみました!余計な力を入れなくても、おもしろいぐらい捌けて楽しいです♪唐揚げにしておやつにしたら、こどももペロっと食べてしまいました!長女は魚をあまり食べないのですが、帰ってきてからもアジフライ美味しかったぁーって喜んでいます!できるようになると、やりたくてしょうがなくて毎日さかな料理したいぐらいです笑。img_1294


(みなさんのご感想) ●三枚におろすのってとってもレベル高いことだと思っていました。でも一つづつ丁寧に教えて頂き頭で思っていたよりも簡単にできました!こういう事を母から子へ伝えていくべきだと思っていたので娘が大きくなったら教えてあげたいと思います。包丁がよく切れないと魚もうまく捌けないので合わせて教えていただいてよかったです。旦那さまより→これからも包丁の研ぎを練習してもっと上手くなるよう頑張ります!本日はありがとうございました。(Nさん) ●この歳になって初めてやったので、今更聞けないこと教えていただいてよかったです。両方とも(さかな捌き/包丁研ぎ)やったことなかったですが、丁寧に教えていただけて嬉しかったです!こどもたちに食べることの大切さ、魚の美味しさを伝えていきたいと思います。こどもを通して生活が変わっていくことは大変だけど素敵なことだなぁと思います。(Y,Nさん) ●研ぎ方のコツなど詳しく教えて頂き分かりやすかったです。切れ味の変化に驚きました。さかなを捌いたことがない私でも何とか捌けて嬉しかったです。アジのフライ今まで食べたアジフライの中で一番おいしかったです!鮮度は大切だなと思いました。難しそうと思ってなかなか捌くことを避けてしまいがちでしたが、また捌いてみようと思いました(たくまママ) ●アジが好きになりました!3枚おろし自体も分からなかったので捌き方が分かってよかったです!家に帰ったらもらったアジをさっそくおろしたいと思います。さかなは片刄が適していることが分かったので片刄を購入したいと思いました。包丁を研ぐのに力が必要でしたが、切れ味が全然ちがうので家でも挑戦したいです!(chi-さん) ●包丁の研ぎ方が難しかったけど切れ味抜群で嬉しくなりました。魚も何となく捌いて綺麗にできなかったけど、講座を受けたら一回で三枚おろしができました。新鮮なさかなは本当に美味しいのでこれからもっと腕を磨いて、家族で食べていきたいと思います。(chiakiさん) p1130712